辨証論治(べんしょうろんじ)

辨証論治は別名辨証施治とも呼ばれる。東洋医学における疾病に対する理解と治療の基本原則である。

概念

理、法、方、薬を用いる臨床の過程。
辨証とは四診八綱、臓腑、病因、病機などの東洋医学基礎理論を用いて、患者が訴える自覚症状と医療者の東洋医学的な所見を分析し、証候を辨別すること。
論治とは辨証に則って施療を行うこと。

分類

八綱辨証
気血津液辨証
臓腑辨証
六経辨証
衛気栄血辨証
三焦辨証
経絡辨証

コメント

タイトルとURLをコピーしました