整体観念(せいたいかんねん)

東洋医学臨床における思想、診察法。

概念

我が国の伝統医学では人体を構成する各内臓や組織、器官はそれぞれ切り離すことができない、構造面機能面で相互に協調補完しているという有機的なつながりを整体観という言葉で表現している。
さらに人体と自然界の四季の気候変化や地域の風土は目には見えないが密接に繋がっており、常に人体に影響を及ぼしている。
そして人体内部と自然の外界環境は内と外で1個に統合されたものとしてみなしている。

整体観念は中国古代唯物観と辨証思想を体現したものであり、東洋医学の生理学、病理学、診断学、辨証と治療を支える思想である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました